桃太郎ぶどう(9月)

  • HOME
  • 桃太郎ぶどう(9月)
桃太郎ぶどう
皮ごと食べられる驚きのぶどう!フルーツギフトにも

桃の形によく似た果実は、圧倒的なボリューム感。
一口食べると、パリッとした新鮮な食感に、「これがぶどう!?」と驚くかもしれません。

さっぱりとした甘さで食べやすく、種がなく皮ごと食べられる手軽さも「桃太郎ぶどう」の人気の理由。お子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで、パクリッと食べる事ができます。

一度食べたら癖になる、独特の食感をぜひ味わってください。
販売期間が短いですので、この機会をお見逃しなく!
TVや雑誌で取り上げられる事も多い高級フルーツなのでギフトにもオススメです

桃太郎ぶどう
桃太郎ぶどう
桃太郎ぶどうってどんな品種?

「グザルカラー」「ネオマスカット」を掛け合わせて作られた「桃太郎ぶどう」は、その名の通り、粒が桃のように割れているのが特徴です。

種がなく皮ごと食べられるという画期的なぶどうで、TVや雑誌でも話題の「桃太郎ぶどう」。実は栽培が大変難しく、通常のぶどうに比べ手間がかかります。

皮ごと食べられるほど薄い皮は、少し擦れただけでも傷んでしまうため作業も一苦労。収穫が台風の時期と重なり、被害を受ける事も多いため、まだまだ販売数の少ない珍しい品種です。

「桃太郎ぶどう」は、熟してくると皮の表面に褐色の斑点のようなものが出てくる事があります。これは果実が完熟したしるしで、品質や安全性には問題ありませんのでご安心下さい。


トップへ