サンふじりんご(12月)

  • HOME
  • サンふじりんご(12月)
サンふじりんご
美味しさが詰まった「サンふじりんご」

赤りんごの代表格「サンふじりんご」
写真通り、たっぷりと蜜が入ってるから美味しさ二重◎!

「サンふじりんご」「サン(SUN)」とは、袋をかけずに育成し、太陽の光を果皮にいっぱいに浴びて育った無袋栽培品という意味。

通常、実の着色を良くするために葉摘みをしますが、今回お届けする「葉とらずサンふじりんご」はその名のとおり、葉をぎりぎりまで取らずに育成しました。養分を作る葉を摘まず最後まで残すことで、栄養分がたっぷり行きわたり、おいしさがギュッと詰まったりんごに成長しております!

実の外側の黄色くなっている模様こそ、葉陰になってできた美味しいりんごの証です。りんごの旬は秋~冬!蜜がたくさん入った「葉とらずサンふじりんご」フルーツギフトにどうぞ。

サンふじりんご
サンふじりんご
りんごのQ&A

Q. りんごの表面がベタつくのはワックスのせい?
A. り んごの果皮がベトベトするのは、リノール酸やオレイン酸がりんごの中から染み出しているため。生きている果実は、水分などの蒸発を防ぎ、新鮮さを保つため に、自らろう性の物質を作り出して果皮に分泌しています。ベトベトの正体は、このろう性の物質ですので、ワックスではありません。

Q. リンゴの美味しい保存方法は?
A. リンゴも他の果物のように呼吸しています。低温で適度に湿度ある場所に保存し、この呼吸作用を抑えて水分や糖分の発散を防けばより長持ちします。おすすめの保存方法としては、一つ一つ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室が1番です。
ただし、急激な温度変化は早く傷みますのでご用心!

トップへ